MENU

夫婦ともに背が低いため子どもが心配

私も主人も身長が低く、学生時代は前から2,3番目でした。

 

中学時代は“いつかは伸びるだろう”と楽観的に考えていましたが、高校に入るころには“もう伸びないかもしれない”という不安でいっぱいでした。

 

心配した通り身長は伸びませんでした。

 

着たい服は似合わないという悩みはずっとありました。

 

細くてもスタイルが良くないのです。

 

私は女性なのでまだ良かったのですが、主人は相当悩んだようです。

 

身長が低いことで恋愛対象に見られないこともあり、またスーツなどもキレイに着こなせないこともあったようです。

 

からかいの対象とならないために、スポーツや勉強を人一倍頑張り、一目置かれる存在になるようにしたそうです。

 

私たち夫婦には子どもがいますが、身長が低くなってしまうのではと心配しています。

アルギニンの摂取が大事

子どもの背を伸ばす方法をインターネットでいろいろ調べた結果、身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が不可欠であり、そのためには天然のアミノ酸の一種であるアルギニンが欠かせないことがわかりました。

 

アルギニンの一日の必要量は6〜7gとWHOで報告されているようです。

 

アルギニンは体内で合成することができ、豚肉や鶏肉・納豆からも摂取することのできるアミノ酸ですが、6〜7gを食品から摂取することは難しくカロリー過多になる恐れが高い、また子どもは体内で合成する力が弱いため、サプリメントとして効率よくアルギニンを摂取して補う必要があります。

 

そのアルギニンやボーンペップなどを強化した飲み物「ドクターセノビル」を朝晩子どもに飲ませることにしました。

1年ほど続けています

約1年ほど「ドクターセノビル」を飲ませました。

 

理想は朝晩なのですが、朝しか飲まないこともあり、また時々飲み忘れることもあるというユルユルな状態でしたが背の順は前の方だったのが、今では真ん中まで伸びました。

 

身長も平均値となり、ひとまず安心しています。

 

きちんと朝晩やおやつの時間などマメに飲んでいればもう少し伸びたかもという思いはあります。

 

これからも継続して飲ませる予定にしています。

 

今は受験生でストレスが多いのですが、受験のストレスから解放された暁には、中学生となりグッと背が伸びる時期に差し掛かるので、今後の成長に期待しています。

 

骨の成長には適度な運動も必要なので、受験が終わったらスイミングも再開しようと思います。